組織人事戦略研究会
戦略人事について キャリア開発について 組織を強くする為に 組織人事戦略研究会について コラムコーナー データダウンロード 問い合わせ
経営戦略と人材戦略 採用業務と人材戦略 最適な人材配置の実現
組織を強くする為に
 
採用業務と人材戦略

現在多くの企業は採用活動に真剣に取り組んでいますが、多くは戦略的な組織創りに貢献していると言い切れないと言えます。
それはなぜか?
それは採用基準が将来の組織戦略から落ちていないことと、採用活動そのものが単年度評価の対象でしかなく、
長期的視野で評価されていないからです。
特に新卒採用は、将来の経営幹部を採り、育成していくために重要な行為ですが、将来の企業像を採用担当者が明確に持っているケースは稀であり、とりあえず、現業の延長性で「わが社の風土に合う人材」が基準となっているからです。
また、異質な人材を意識的に採用したとして、育成に関わらないため、初期段階で不協和を生じさせて、
離職につながってしまうことさえあるようです。
このような反省から、採用と育成を同じ部門で対応してり、単年度評価を止める対応もし始めましたが、
まだまだ一般的にはなっていません。
人材の採用は、手を抜いていると将来ボディブローのように効いてきます。
リクルーティングこそが、将来の企業創りの礎と考えると、最優秀な人材を担当すべきですが、やはり優秀な人材はラインに出払っているケースを見聞きします。
とにかく、どこからでもよいので、見直しをするべきではないでしょうか?




メルマガ登録お問い合わせサイトマップ著作権について